【23年最新】街の屋根やさんの評判・口コミを徹底解説

屋根修理

全国に事業展開している会社で、幅広く屋根工事・屋根リフォームを行っている街の屋根やさん の評判・口コミについて詳しくまとめました。

現在は気候が落ち着いていて、外壁塗装をするにはとてもよい時期です。雨が頻繁に降ることもないため業者・お客様双方にとってストレスなく施工を進められます。

年明けに心機一転、お住まいを綺麗にリフォームしていきましょう。積極的にご検討ください!

建築塗装工事業者におり構成された全国団体一般社団法人日本塗装工業会によると現在塗装業者は全国に約2300社存在します。

その中からご自身に合った塗装業者を見つけるために、業者について事前に調べることはとても大切です。業者選びを間違えると、お金・時間ともに大きく損をしてしまう事になります!

「塗装業者ごとでどんな違いがあるのかな?」

「ネットでは優良業社って聞いたけど実際はどうなの?」

「騙されたって話も聞くし慎重に選びたい」

といったような悩みを解決するのに役立てたら幸いです。

外壁のリフォームは数十万円以上の費用がかかるうえ、塗装の剥れや色褪せなどは施工直後には分からないため、業者選びは失敗したくないですよね?

失敗しないように知識を身につけて納得のいく業者を選びましょう。

【23年最新】街の屋根やさんのリアルな口コミ・評判

【23年最新】街の屋根やさんの評判・口コミを徹底解説・まとめ

会社のHPにはお客様の声や、施工実績などが掲載されていますが、そこには基本的に良い口コミしか掲載されていないことが多いです。施工事例のお写真も笑顔のものばかり。それもそのはずです。

せっかくHPまで訪れてくれたお客様でも、実際に悪い口コミが載っているとお客様はその会社の契約を行わないからです。

そこで今回は、Google map含む口コミサイトに載っている街の屋根やさんの評判をまとめてみました。

街の屋根やさんの良い口コミ・評判

今回は東京の街の屋根やさんの口コミを見ていきます!

では早速良い口コミから見ていきましょう。

街の屋根やさんの良い口コミ・評判

お勧めします。

屋根工事、また何かあったらお願いしたいです。

出典;Google口コミ

 

街の屋根やさんの良い口コミ・評判

手配が早く、分かり易い説明で、安心してお願いできました。

出典;Google口コミ

街の屋根やさんの良い口コミ・評判

屋根の葺き替えをしました。

とても、満足です!

出典;Google口コミ

仕上がりに満足いった、効率良い作業とわかりやすい説明があったなど良い声が多かったです。

なにより、外壁塗装は、1日で終わるものではなく大掛かりな工事になりますので、塗装業者の方から説明を納得できるまでしてくれるのは嬉しいですね。

街の屋根やさんの悪い口コミ・評判

街の屋根やさんの悪い口コミ・評判

Googleの口コミは12件でしたが、一件のみ星が1つの評価がありました。

低評価の理由は対応の速度にあるようですが、コメントがないので詳しいところは分かりませんでした。

しかし、他に悪い口コミは無く良い評価が集まっていました。

ただし、街の屋根やさんは店舗ごとに対応地域が異なるため、お住まいの地域の近くの店舗の口コミをご覧いただくことをおすすめいたします。

口コミ以上の評価は実際に足を運んでみてお考えください。

東京都でおすすめの外壁塗装はどこなの?【2023年最新版】

東京都でおすすめの外壁塗装はどこなの?【2022年最新版】

お得で高品質な施工を希望している場合は、東京都の外壁塗装ランキング1位の株式会社ワイユーまごころ工務店さんがオススメです。

  • コスパ
  • 口コミの良さ
  • 外壁塗装の品質・実績

の面でとても高い評価を得ています。(2023年現在)グーグルでの口コミ評価も5つ星の評価が多く、東京都で最高の評価を誇っています。

株式会社ワイユーまごころ工務店は、長年経験を積んだ住宅専門(屋根・雨樋・外壁・塗装)の職人が集まってできた会社で、専門知識に長けています。

高品質施工はもちろんのこと【お客様の目線に立ってまごころ込めて】をモットーに、ご縁のあったすべてのお客様に満足していただき「また何かあったらお願いね!」と言っていただける会社を目指しているそうです。

東京都でおすすめの外壁塗装はどこなの?【2022年最新版】

特徴としては、

  • 大手ハウスメーカーのクオリティを施工店の価格で
  • お客様のためを一番大事にしている
  • アパートやマンションの施工も可能などがあります。

東京都の外壁塗装の業者にいろいろ連絡をしてみたけれども

  1. 実際に工事を行うのは来年になる。
  2. 見積もりまで時間がかかりすぎている。
  3. 適正価格なのか分からない。
  4. 本当に口コミが良い業者にお願いしたい。
  5. 火災保険や地震保険を活用して割安で工事をしたい

といったことで悩まれている方は多いですが、株式会社ワイユーまごころ工務店さんではこれらの問題を解決してくれます。

すでに他の業者で見積もりを出されている場合でも、株式会社ワイユーまごころ工務店でも相見積もりをして比較されることをオススメします。

下記の公式HPからさっそく無料見積りをしてみましょう!

\東京都にて評判No.1!/

都内No.1のワイユー公式HPはコチラ

外壁塗装の業者選びに失敗しないためには

外壁塗装の業者選びに失敗しないためには

街の屋根やさんを実際に利用された方からは良いコメントが多く,信頼できる業者で着る業者であることが分かりました。

しかし、より納得して業者を選ぶために、他社の価格やサービスと比較しておくことも大切です。一般的には、相見積もりを取る業者の数は3〜4社が妥当と言われています。

リフォーム業社の中には、相場より高い金額を請求する悪徳業者もあります。最悪の場合、欠陥工事をされる可能性もあります。

相見積もりを取りたいけど、業者が沢山あってどこに頼めば良いか分からない!」という方は、『【おすすめ外壁塗装業者の評判!口コミを徹底解説!』おすすめ外壁塗装業者の評判!口コミを徹底解説!</a>』こちらもぜひ参考にしてみてください。

外壁リフォーム業者の7つの探し方

リフォーム業者の7つの探し方

リフォーム業社選びで重要なポイントは以下の7つです。

  • 総見積もりを取る
  • 無料で見積もりを取ってくれるかどうか
  • 自社施工かどうか
  • 施工実績と過去に起こした問題の確認
  • 対応の良さの確認
  • 資格や許可を持っているかどうか
  • アフターフォローや保証内容の確認

この7つのコツを使えば、優良業社に出会える確率が上がります。

以下にて、それぞれの具体的な内容を解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

外壁リフォーム業者の探し方1.総見積もりを取る

リフォーム業者の探し方1.総見積もりを取る

適正な価格で見積もりを取るために、総見積もりを取ることをおすすめします。

総見積もりとは一社でなく、複数の業社から見積もりを貰うことです。

一社からの見積もりだけでは、悪徳な業者は相場よりも高い見積もりを提示してきます

しかし、他の業者から見積もりを取っていれば、不当な金額を提示することはできません。

これは、高い見積もりを出したところで、顧客を獲得できなければ意味がないからです。

そのため、総見積もりを取るときは、他の業者からも見積もりを貰っていることを伝えましょう。

総見積もりしているとなると、かさ増しした金額を提示されることが少なくなるためです。

しかし、総見積もりをたくさんの業者から貰えば良いということではありません。

際限なく沢山の業者に頼めば、どこに依頼するべきかの判断が難しくなってくるからです。

そのため、3〜4社で総見積もりを取るのが一般的です。

全ての見積もりが揃ったところで比較して依頼する業者を選びましょう。

このとき、高すぎる見積もりを出す業者は外しましょう。

逆に低すぎる見積もりを出した業者も手抜きをする可能性があるので外しましょう。

高すぎず、安すぎず、相場価格で依頼できる業者を選びましょう。

外壁リフォーム業者の探し方2.無料で見積も理を取ってくれるかどうか

最初に紹介した見積もりは、実際に自宅を見なければ、施工にかかる費用が定りません。

このとき見積もりを無料で行ってくれる業者を選ぶようにしましょう

外壁リフォーム業者の探し方3.自社施工かどうか

リフォーム業者の探し方3.自社施工かどうか

工事を下請けに委託すると

  • 下請け業者との中間マージン
  • 宣伝費用
  • 修理費用

などの費用が追加でかかります。

下請け業者に支払うマージンは,工事とは関係のない費用です。この費用で,自社施工と比べて1.5倍~2倍になることもあります。

そのため、自社で直接工事ができる直接施工の業者を必ず選ぶようにしましょう。

外壁リフォーム業者の探し方4.施工実績と過去に起こした問題の確認

経験豊富な業者ほど技術力の高さに期待できます。

また、何か不測の事態が起きた時の臨機応変な対応にも期待できます。

そのため、必ず施工実績は確認しましょう。

悪徳業者の場合、詳しい施工実績を紹介することはできません。

施工実績の説明がより詳しい会社ほど、その業者の信頼度は高まります。

また、悪質な会社の中には、数年単位で会社をやめ、新しい社名で生まれ変わらせてこれまでの悪い口コミや問題をなかったことにするという事例があります。

それを見抜くには、地元で数十年単位で長く工事をしている会社を選ぶことです。信用できる会社選びには時間をかけましょう。

外壁リフォーム業者の選び方5.対応の良さの確認

対応が親切でない業者は、選ばないようにしましょう。

難しい専門用語を並べられた時には注意してください。専門的な知識がないことを良いことに業者にとって都合が良い方へ誘導されている可能性があります。

また、契約を焦らせてきた時にも注意が必要です

施工価格を割引いた分、工事を手抜きする可能性があります。

そのため、お客様の立場に立ち、お客様に寄り添った対応をする会社に依頼するようにしましょう。

外壁リフォーム業者の選び方6.資格や許可を持っているかどうか

リフォーム業者の選び方6.資格や許可を持っているかどうか

リフォームに関わる資格は沢山存在します。その中には国家資格まであります。

外壁塗装の場合、塗装技術士という国家資格があります。この資格は、1級・2級・3級がり、3つ全てが、実技試験と学科試験の両方に合格する必要があります。

1級に関しては、実務経験が7年以上あることが受験資格に定められています。

そのため1級塗装技術士が在籍していることは、経験豊富な技術士が外壁塗装に携わっている証明です。

他にも工事をするために必要な資格や許可が存在します。

その1つが、「建設業許可」です。この許可は1件の工事に500万円以上かかる場合には必要になります。一件あたり500万円未満の工事ならこの許可は必要ありません。また、複数の業者が関わる場合には、「一式工事」という扱いになり、上限が1500万円となります。

建設業の許可を取得するには、自治体の審査が必要なため、保有している業者の信頼度は高いです。

この他に、足場や工事車両の関係で道路を使用する際には、許可が必要です。

  • 道路使用許可(一時的に道路を塞ぐ場合)
  • 道路占用許可(足場が道路を塞ぐ場合)

上記の二つは警察署で申請書類を提出することができます。この際、手数料がかかります。

これらの許可は基本的には業者が手続きするものになります。

このような資格や許可を取得しているかどうかを確認して、業者の信頼度を測りましょう。

外壁リフォーム業者の選び方7.アフターフォローや保証内容の確認

リフォーム業者の選び方7.アフターフォローや保証内容の確認

契約の前には必ず、アフターフォローや保証内容の確認をしましょう。

万が一、工事中の事故や、業者の不備によって家や人に被害が出てしまった場合には、保険会社から費用の負担があります。

事故などない方が良いですが,もしものことを考えると保険に加入している業者の方が安心です。

また,事前に工事に不備や欠陥があった場合や、のちに不具合が出てきた際にアフターフォローとして補修工事をおこなってくれるかどうか確認しておきましょう。

小さなヒビや多少の汚れはまだしも,あまりに気になる大きな不備があるときはすぐに直しに駆けつけてくれる業者が好ましいです。

とはいえ,避けることのできないような本当に小さなヒビなどは自己負担となることが多いです。

あくまで目に見える欠陥の補修をサービスしてくれるかどうかを確認しましょう。

街の屋根やさんについて

【23年最新】街の屋根やさんの評判・口コミを徹底解説・まとめ

設立以来、10,000棟以上の屋根を点検、調査してきた会社です。これまでの豊富な経験と実績を活かし、「お客様にとって何が大切か」を最優先で考えいます。

そして、お客様、ひとりひとりに合わせた最善の提案をしています。

費用や工期、工法・品質、保証制度や補助金・助成金に至るまで 屋根リフォームを知り尽くしたスタッフが誠意を持って「お客様にとって一番である」提案と説明と確かな技術で満足できる施工を行う会社です。

街の屋根やさんの特徴としては、

  1. 中間コストカットで高品質・低価格
  2. リフォーム瑕疵保険制度と長期保証付き
  3. 地域密着で1万棟の施工実績
会社名 街の屋根やさん
住所 〒132-0032 東京都江戸川区西一一之江2-10-17 大場ビル
電話番号 0120-1123-41
事業内容 屋根葺き替え、葺き直し・屋根カバー工法・屋根塗装、外壁塗装・漆喰工事・棟板金工事・雨樋工事・防水工事・天窓工事
HP https://屋根工事.net
対象エリア 全国

東京の助成金・補助金情報

東京都内にある住宅をリフォームする際に、一定の要件を満たすことで、都の補助制度だけでなく国の補助制度が利用できる場合があります。

制度により適用の要件や募集期間などは様々ですので、各問合せ窓口でご確認してください。

既存住宅省エネ改修促進事業

高断熱の窓やドアを設置する。または,太陽光発電システムを設置する。

この二つの場合に利用できる補助金です。

対象者は,

  1. 都内に住宅を所有する個人・法人及び管理組合
  2. 上記1と共同で申請するリース事業者

戸建やマンションでも利用可能で.賃貸住宅も申請できます。

注意点は住宅専用のため,店舗や事務所と併用の場合は,住宅部分にのみ申請できることです。

併用している部屋は対象外となります。

問い合わせ先 ①公益財団法人 東京都防災・建築まちづくりセンター

 

(申請書類の提出先及び事業相談のお問い合わせ先)

 

②東京都住宅政策本部民間住宅部 計画課

 

脱炭素化施策推進担当

 

(本事業の制度に関するお問い合せ先)

電話 ①03-5989-1938

 

②03-5320ー5459

ホームページ https://www.juutakuseisaku.metro.tokyo.lg.jp/juutaku_seisaku/shouene.html

長期優良住宅化リフォーム推進事業

これは国が運用している補助金です。

既存住宅の長寿命化・省エネ化など,性能の向上のためのリフォームや,子育て世帯向けのリフォームに対する制度です。

この制度が適用される工事は下記の5つです。

  1. 劣化対策や耐震性,省エネ対策など特定の性能項目を一定基準まで向上させる工事
  2. 1以外の性能向上工事(バリアフリー改修工事・インスペエクションで指摘された箇所の補修工事・テレワーク環境設置改修工事・高齢期に備えた住まいへの改修工事)
  3. 三世代同居対応改修工事費(キッチン・浴室・トイレ・玄関の増設工事)
  4. 子育て世帯向け改修工事費(子育てしやすい環境を整えるための工事)
  5. 防災性の向上・レジリエンス性の向上(自然災害に対応するための改修工事)

補助金の支給額は保証対象工事費用の合計の3分の1です。

詳しい内容はホームページや電話にてご確認ください。

問い合わせ先 長期優良住宅化リフォーム推進事業担当
電話 03-5805-0522

 

ホームページ https://www.kenken.go.jp/chouki_r/

 

 

外壁塗装リフォームの相場は?【東京の場合】

リフォームの相場は?

東京の外壁塗装の相場は,一般的な戸建の住宅の場合だと,60〜120万円ほどです。

屋根修理では,15〜50万円ほどが相場です。

屋根修理の相場は60〜120万円ほど

屋根修理のの相場は60〜100万円ほど

悪徳業者との契約を避けるために,屋根修理の費用を事前に知ることは大切です。

簡単な屋根の修理では2〜10万円で済む場合もありますが,難しい工事だと200万円以上かかる場合があります。

工事内容 費用相場
棟板金の取り替え 3000〜8000円/m
雨樋 1〜70万
漆喰補修 2500〜5000円/m
コーキング修理 2000〜60000円
スレート屋根の差し替え 5000〜30000/枚
瓦の差し替え 5000〜50000円
雨漏り修理 1〜200万円

部分的な修理はこのような費用相場になっております。

しかし,この部分的な修理は応急処置で,いずれは屋根のリフォームが必要な場合もででくるかと思います。

まずは,雨漏りの調査の費用についてご紹介します。

雨漏りの調査費用

調査内容 費用相場
目視確認 無料が多い
ガス調査 10〜30万円
発光液調査 5〜30万円
解体調査 0〜10万円
散水調査 2〜30万円
赤外線サーモグラフィー調査 10〜40万円

雨漏りの調査は特別な機器を使い時間をかけて行なうため,費用がかかる場合が多いです。

しかし,雨漏り費用で追加で費用を発生させないためにも,原因を特定する調査は必須です。

その他の費用相場

工事内容 費用相場(約30坪)
塗装 30〜60万円
葺き替え 70〜260万円
カバー工法 80〜150万円

※・葺き替え工事;既存屋根,下地を全て撤去して新たな部材で施工する

・カバー工法;既存の屋根の上に新規の屋根材を重ねて施工する

屋根リフォームは,大規模な工事が行われるため,費用は高くなります。

屋根材別の費用相場

屋根材 費用相場
ガルバリウム銅板 6000〜9000円/m^2
トタン 5000〜6000円/m^2
アスファルトシングル 5000〜6000円/m^2
コロニアル 4000〜8000円/m^2
9000〜12000円/m^2
銅板 20000〜円/m^2

外壁リフォームのトラブル

知っておきたいリフォームのトラブル

外壁リフォームでの比較的多いトラブルについて5つの項目にまとめました。ぜひ参考にして見てください。

外壁リフォームトラブル1.工事が始まらない

工事の予定日を過ぎても工事が始まらないという事例がよくあります。例えば,工事前に3分の1の工事費用を支払ったが,予定日を過ぎても工事が始まらない。

こんな時,リフォームのために部屋の荷物を移動したり,仮住まいの契約をしたりと準備をしているのに工事が始まらいと心配になりますよね。

まずは,リフォーム業者に連絡しましょう

どういった事情があり工事が進んでいないのか確認をとりましょう。連絡がつかない場合は,期限内に工事を行うことと期限内に工事が開始されない場合は契約を解除する旨を書面にまとめて業者に送りましょう。この場合,期限内に対応がなければ契約を解除することができます

契約内容通りに工事が始まらないことが契約の解除理由になります。契約解除の場合は,工事前に支払った工事費用の返済を求めることができます。

外壁リフォームトラブル2.仕上がりに満足できない

リフォームトラブル2.仕上がりに満足できない

外壁塗装であれば,施行中に塗り替えることができます。リフォーム業者に話してみましょう。ただ,追加料金がかかる可能性があります。そのため,気づいたら直ぐに相談してみましょう。

このトラブルは未然に防ぐことができます。色味本をなるべく大きなサイズで,自然光の下で確認しましょう。色味本の大きさのおすすめはA4サイズです。また,朝昼晩の各タイミングで外で確認することが大切です。

他に,カラーシミュレーションを利用することもおすすめです。施工箇所居合の場所との依頼のバランスを見て全体像を掴むのにおすすめです。

他にも,外壁塗装であれば,色褪せや剥がれている箇所があったり,塗装部分以外に塗装がはねている場合があります。

これらは,施工業者のミスに起因する場合が多いトラブルです。このような時は直してもらうように依頼しましょう。

また,施行中には進捗状況を詳細に報告してもらいましょう。写真付きの報告書を作成してもらうことでもトラブルは未然に防止できます。

また,進捗状況をしご自身の目で確認することで早めに対応することができます。

外壁リフォームトラブル3.工事後の修繕箇所の対応をしてもらえない

外壁リフォームの工事が完了した後に,外壁が剥がれ始めたり,天井に雨染みができてしまった。

このようなとき,工事を依頼した外壁リフォーム会社に点検や修繕をお願いしたが対応してもらえない。

こういった工事後の不具合は誰しも起こる可能性があります。あらかじめ契約書でリフォーム後の保証の内容と期間を確認しましょう。

もし,保証期間中に対応してもらえない時は,紛争処理センターなどの機関に問い合わせたり,弁護士・建築士に相談することをお勧めします。

他には,リフォーム瑕疵保険を利用する手もあります。

外壁リフォームトラブル4.体調が悪くなった

シックハウス症候群というものがあります。

外壁リフォーム後の体調不良はこれが原因の可能性があります。工事に用いられた建築材料に使用した物質が影響しシックハウス症候群という体調不良が起こります。

化学物質,換気不足,ダニ,カビ,ストレスなどがこの原因です。

この場合は,シックハウス症候群の診察を受けられる病院を受診をする。

他に,地方自治体や保健センターに相談することもおすすめです。ホルムアルデヒドの測定を無料で行ってもらえることもあります。

外壁リフォームトラブル5.金銭トラブル

リフォームトラブル4.金銭トラブル

解約時に違約金を請求されることがあります。クーリングオフの期間は,業者から法定書面受けっとった日から換算して8日以内(特定商取引法9条)です。その間に解約に違約金は発生しません。塗装業者にはクーリングオフを利用すると伝えましょう。

また,見積もりの説明が不十分な場合,余分な工事費用が含まれている可能性があります。余分な工事や不明瞭な工事がないかを知るために,どの工事にいくらの費用がかかっているのかという細かい説明を求めましょう。

外壁塗装でトラブルを起こさないための3つの方法

トラブルを起こさないための3つの方法

外壁リフォームのトラブルの多くが工事業者と施主の認識の違いから起こります。打ち合わせが大まかであったり,口約束だけで済ませるのは危険です。

両者の認識を同じにするための重要なポイントを以下にまとめました。ぜひ,参考にしてください。

1.打ち合わせは細かいところまで

1. 打ち合わせは細かいところまで

打ち合わせは綿密に行いましょう。

  • 設置されたシステムキッチンの品番が希望したものと異なっていた。
  • 内装の仕上がりが思っていたものでない。

などのトラブルを防ぐことができます。

綿密な打ち合わせのためには準備が必要です。

  • 事前にリフォームの要望をまとめる
  • 雰囲気や色味の希望を伝える時には,希望する物と似た写真やカタログを持参して提示する。
  • 見積もりは工事の詳細まで目を通し,不明瞭な部分は確認する
  • 打ち合わせ内容を記録し,見積書の内容と相違がないか確認する

2.契約内容を書面で残す

口約束はトラブルの元です。

契約書に,リフォーム内容とその金額を明確に記しておきましょう。この書類を両者が持っていれば,契約内容を確認しながら工事を行うことができ,認識の相違を少なくする効果があります。

大きなトラブルに発展しないように,業者とどんなに高い信頼関係が築けていたとしても,契約内容は書面に残しておきましょう。

3.完了検査を行う

3. 完了検査を行う

リフォーム工事が全て終わったら,工事業者と一緒に完了検査を行いましょう。

この検査は,依頼通りに工事が行われているかの確認作業です。

この時確認する箇所は以下にまとめた通りです。

  • 工事内容が契約内容と同じか
  • 傷や凹みがないか
  • 新たに導入した機材に不備はないか
  • 生活する際に不便がないか(ドアの開閉や電源の作動)
  • 工事で出た廃棄物の処理

この完了検査を終えて,工事の不備がないことを確認したのち,工事完了確認書にサインをしましょう。

この時に以下にまとめた書類を受け取りましょう。

  • リフォームの完了報告書
  • 新たに導入した機材の説明書や保証書
  • アフターサービスについて記載された書類
  • 保健付保証証明

【23年最新】街の屋根やさんの評判・口コミを徹底解説・まとめ

【23年最新】街の屋根やさんの評判・口コミを徹底解説・まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は街の屋根やさんの評判・口コミについて詳細に解説してみました。

どの業者にも良い評判と悪い評判が存在するものですが、数多くの塗装業者がありますので、情報収集はしっかりと行い、比較をした上で依頼先を決めた方が良いでしょう。

当サイトでは全国の外壁塗装業者の評判について徹底解説しております。

外壁塗装を検討している方は、ぜひ以下の外壁塗装ランキングも併せてご確認ください!

\ランキング形式で解説付き!/

外壁塗装の評判はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました